今年の退去率も例年通り

2021.10.04



今年も残り3か月弱になりましたね。



当方の所有物件の中心は、中低家賃帯の2LDK間取り。

広さで言えば、40〜50平米のファミリー間取りが中心です。



この間取り家賃帯の最大のメリットは入居期間。

高家賃帯の2LDK間取りや単身間取りより圧倒的に退去が少ないです。



現時点の総所有戸数当たりの今年の退去数が、現時点で約7%。

その内5%は、20〜30平米代の単身間取りでの退去です。



40平米以上のファミリー間取りに限定すれば、

今年も今のところ、圧倒的に退去数が少ない状態になっています。



中低家賃帯の2LDK間取りで退去が発生した場合、

原状回復費が掛かる割に家賃で中々回収できないというジレンマがあります。



その一方で、退去が中々発生しない(長期入居)というメリットもあります。

ちなみに今月末退去予定(先月末退去連絡)も無し。



どの投資法でも同じように成功できると思いますが、

自分の強みを発揮できるフィールドを見つけるのが大事ですね。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: