債権差押命令が届く

2021.11.24



地方裁判所から配達記録で債権差押命令なる書類が届きました。








裁判所からいきなり郵便が来ると一瞬びっくりしますね。

中身を確認すると、当方を第三者債務者とする債権差押命令でした。



当方所有物件に住む賃借人が、

第三者(債権者)に対して金銭債務を負って滞納しているようです。



その結果、第三者(債権者)が裁判所に申立を行い、

債権者は当方が持つ賃借人の敷金等預かり金を差し押えることに。



下記は給与の事例です。




fgvhj.gif





この差押命令が届いた時点で差押えの効力が生じ、

当方は、敷金等を賃借人に返還することができなくなります。






しかし、この入居者から敷金等の預り金は預かってませんでした。

陳述書にその旨を書き、返送して終わりです。



しかし、、、

この入居者は近く退去する可能性が高くなりました。。。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:00 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。
いつも興味深く見ております。

差押
があると契約上、賃保会社との契約が解除されたりしないのでしょうか?
Posted by にっこりふどう at 2021年11月24日 17:39
にっこりぶどうさん

ありがとうございます。
破産ではない差押だと解除の対象外かなと思います。正確には調べてませんが家保会社に通告するメリットはないですね^^
Posted by ゴン at 2021年11月25日 15:55
実際のところ、バレる可能性は低そうですね。
退去しないで粘ってくれると良いですね。
Posted by にっこり at 2021年11月25日 16:51
にっこりぶどうさん

出来るだけ長く住んで頂きたいです^^
Posted by ゴン at 2021年11月26日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: