融資金利は信用格付で決まるが

2021.12.13



不動産購入資金は出来るだけ低い金利で調達したいですね。

多くの金融機関では、融資先の信用格付によって貸出金利を決めています。



信用格付に応じて、正常先、要注意先、要管理先、破綻懸念先、破綻先、

にそれぞれ債務者区分しています。



融資を受けるためには「正常先」と判定されることが最低条件。

要注意先でも今のご時世、追加融資は厳しいと思います。


xdfcgvbhjn.png




正常先の中にもランク分けがあって、ランクに応じて金利が決まります。



融資金利 = 短プラ + スプレッド(格付けに応じて上乗せ)



信用格付が上がれば、融資金利を下げても構わない状態になります。



しかし重要なことは、金融機関側から、

「信用格付が上がったので金利を下げます」とは言ってくれない事。



金利を下げる行為は自行の収益を下げる行為なので当然ですね。



貸出金利を下げてくれませんか?と金融機関に依頼をすることは、

「御行の収益を減らしませんか?」と依頼していることと同義です。




借りる側だけの理論で考えてしまうと抜けがち&忘れがちですが、

ここは重要なポイントになります。




実質金利を上げるから表面金利を下げてもらう。

借入総額を増やすから金利を下げてもらう。


等々。



各金融機関と末永くお付き合いできるよう、一方的ではなく、

win-winになるようなスキームで交渉してみるのがベストですね。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: