国内大手5行 住宅ローン金利

2022.04.30



住宅ローン金利。

ジワリと上がって来ましたね。


住宅ローン金利、5行が引き上げ 5月、大手銀行固定10年
4/28(木) 共同通信

 

三菱UFJ銀行など国内大手5行は28日、5月に適用する住宅ローン金利を発表した。

主力の固定型10年の最優遇金利は全行が4月水準から引き上げた。

目安になる長期金利が上昇基調にあることや、他行の動向などを反映した。


最優遇金利を最も低く設定したのは三井住友信託銀行の0.90%で、前月から0.05%引き上げた。

次いでりそな銀行の1.00%だった。

三菱UFJ銀は1.04%、みずほ銀行は1.15%、三井住友銀行は1.50%となった。


固定型10年の基準金利も全5行が引き上げた。



10年固定で金利ゼロ%台調達はかなり厳しい状況になってきました。



数年前まで収益不動産向けローンでも積極的だった三井住友銀行。

住宅ローン金利ですら10年固定最優遇金利が1.5%。



他行に追随せず、無理に融資しなくて良い、的な雰囲気すら感じます。



金利の上下は今までもある事なので過剰に反応不要ですが、

世界的なインフレがこの先どこまで影響するのかが気になります。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: