建物も車両も中身が大事

2022.07.21



キャンピングトレーラーを見せてもらいました。



どれも同じように見えるのですが、、、

本体価格は400万円程度から1000万円までピンキリ。



fecad1_e56aa5a875d0440684a7605b17d858d1mv2.jpg

fecad1_67d3bb63e42a4d60a66a3d43ab60ebc6mv2.jpg

fecad1_75d41afe0c70498c9c5a64eb1ceb11f0mv2.jpg

sdtfyguhij.jpg





何が違うのか詳しくお聞きすると、装備も細かく違うようですが、

一番異なるのは、外装パネル、断熱材、内装材等のグレードだとか。



ローグレードとハイグレードの各トレーラーが、

同じ屋外炎天下に置かれていましたが、室内温度が全く異なりました。



ハイグレードは断熱がしっかりと効いていて、暑さを全く感じませんが、

ローグレードトレーラーはエアコンが動いてないとサウナ状態でした。




建物のグレード選びと全く同じですね。

コストパフォーマンスを取るのか、中身にお金が掛かった快適性を取るか。



ローグレードとハイグレード。



どちらが良くて悪い、ということではなくて、

よく分かったうえで買うのがとっても大事だなと再認識しました。



建物選びと全く同じです。




人気ブログランキング



【車・キャンピングカーの最新記事】
posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 車・キャンピングカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: