投資信託はやっぱり合わない

2022.07.25



投資信託は、長期の資産形成を図る目的で作られました。



投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、

運用の専門家(プロ)が株式や債券などに投資・運用する商品です。



運用成果を投資家それぞれの投資額に応じて分配する仕組みになってます。



しかし、日本の投資信託では、

個人の資産形成に貢献できる商品は少ない、というのが私の個人的感想です。



購入時にかかる「購入手数料」、

売却時にかかる「信託財産留保額(解約手数料)」、

保有中にかかる「信託報酬」、



とたくさんの手数料が掛かっています。



dfghj.png





投資信託の営業を金融機関から受けても、「不動産で運用します」

と、今まで全て断ってきました。



しかし、昨年、某金融機関で投資信託の営業を受け、

新規取引のタイミングだったので、お付き合いで少しだけ投資しました。







期待はしていませんでしたが、、、

やっぱり?、現在の運用成績はマイナス



手数料負けしています^^;



やるなら、購入時手数料が掛からないノーロードタイプで、

信託報酬が低いインデックスファンドが最善かなと思います。



個人的には投資信託よりリアル不動産投資の方が肌に合ってます。

金融機関とwin-winも必要なので解約はしませんけど。。。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も何回も金融機関から投資信託を勧められた過去がありますが、手数料が1%以上とものすごく高いです。
私はその当時から楽天証券やSBI証券でアメリカのインデックス投資信託を購入していますが、手数料最大0.162%です。
金融機関が勧める投資信託は、金融機関が大きく儲ける為にワザと手数料が高い投資信託を顧客に買わせようとするのです。
ネット証券を使っていたら金融機関の投資信託はぼったくり以外の何物でもないです。
いろいろなことを考慮して、付き合いで投資信託を買うのも大変ですね。
Posted by せい at 2022年07月25日 21:36
せいさん

本当、、、そうなんですよね。。。
金融機関の手数料収入のために申し込んだようなものです。

ま、お付き合いでわかって申し込んだんですけどね^^;
Posted by ゴン at 2022年07月25日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: