売り物件の囲い込み

2022.08.11



売り収益物件の表面利回りは下がる一方。

建材費高騰や円安もあり、今のところ下がる要素はないですね。



不動産仲介業者さんは、売買が成立してはじめて収入が得られる業界。



これだけ収益物件価格が高くなっても、

買いたい需要もあるので動きはそれなりにあるようです。



特に円安になって、海外投資家から見たら、

日本の不動産価格が大幅値引きされたようなものですからね。




最近、「囲い込み」の色んな話を聞きます。



以前の囲い込みは、不動産会社が売主から依頼された物件を、

意図的に他社に紹介しない行為を指していました。



以前より少なくなったとはいえ、今でもある手口。



最近よく聞くのは、(仲介が)架空の買付書を出して、

物件を抑えてしまってから契約までに買主を探すという行為。



いたずらに売買契約が引き延ばされ、挙句には買主が見つからず、

理由を付けて流してしまうことがあるようです。



数年前に流行ったサンタメに近いですが、

あくまで仲介の立場、ってのが大きく異なっています。



その内、また問題になりそうな気がします。




人気ブログランキング



【脱サラ大家日記の最新記事】
posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: