札幌の家賃が安いのは

2022.09.19



東京や大阪に比べ、札幌の家賃は全体的に安めです。



新築1LDKで比較した場合、立地よって大きく変わりますが、

乱暴にまとめれば、東京15万円、大阪10万円、札幌6万円くらい。



利便性は大きく違わないのに家賃が全然違います。

なぜなのか、あくまで個人的見解ですが考えてみました。



まずは空室率が高いこと。

札幌は投資マンションが毎年たくさん建ち、供給が多め。



比較的築浅でも空室率が高いです。



次に平均所得が低い事。

札幌市の平均所得は約300万円少々。



全国市町村ランキングでは350位以下です。

札幌は政令指定都市の規模なのにこの順位は異常に低いです。




最後に冬季の暖房費が高い事。

真冬のプロパンガス熱源だと毎月2万円になる事も普通です。



都市ガスや灯油でも毎月1万円は普通にありえます。



氷点下になかなかならない東京や大阪では、

考えられないくらいの光熱費負担が必要になります。




平均所得が低く冬季の暖房費も高い。

だから家賃が安めになっているのかもしれませんね。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: