元旦の大地震

2024.01.02



新年あけましておめでとうございます。



お正月早々の能登沖地震。

ビックリしました。



大阪でも、ゆっくりした横揺れの長周期地震動を感じました。



しばらくは余震が続くと思われます。

該当地域にお住まいの方、ご安全に願うばかりです。




不動産賃貸業で地震発生は必ず想定しておかねばなりません。

日本は全国どこでも地震がおこりますので、地震保険加入は必須ですね。




また、貸主は、建物に瑕疵があった場合、

その因果関係がある損害については、賠償をする責任があります。



民法717条の1項に建物所有者の工作物責任が定められています。



瑕疵により、倒壊等で被害が及んだ場合や入居者様が死傷した場合、

医療費、休業損害、慰謝料など、賠償しなければならないことになります。




現在の耐震基準に合わせた貸家の耐震改修工事は基本的に行われません。



多額の費用をかけて耐震補強工事を行っても、

家賃の値上げや空室の改善には直接結びつかないのが大きな理由ですね。



震災時に入居者様の命と財産を守れるような建物を提供することが、

不動産オーナーの社会的使命でもあるのですが、なかなか難しい問題です。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: