売買仲介手数料 改定案

2024.05.30



今月、宅地建物取引業者が受け取れる報酬の額について、

一部改正(案)が公表されました。



具体的には800 万円以下の金額の宅地又は建物の売買媒介に関し、

依頼者から受ける報酬の額についての増額が認められる内容。



依頼者から受ける報酬の額は 、

30 万円の 1.1 倍に相当する金額を超えない、という制約はあります。



現状、200万円以下の場合は売買価格の5%が上限なので、

200万円の取引なら仲介手数料は最大10万円+消費税しか受け取れません。



200万円以下の価格で仲介しても経費を差し引くと手元に残らないため、

不動産会社が仲介に積極的に取り組みづらい状況があります。



そこで今回の改正案。

仲介手数料を従来規定より多く受け取れるという趣旨になっています。



宅建業者の皆様。

これで動くことになるんでしょうかね???




人気ブログランキング



タグ:売買
posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: