エアコントラブル 解決HP

2008.07.08



早朝、大阪マンションの入居者から連絡が入りました。
「エアコンが故障して動かない」との連絡でした。。。


状況としては、エアコンのスイッチをONにしてから数分後に室外機が止まってしまうらしいです。

私は、エアコンの取替作業はなんとか出来ますが、残念ながらエアコン構造までは詳しくないです。。。

築11年のマンションなので、エアコンも設置後11年経過していると思われます。

「新品に交換するしかないかな〜・・」、なんて思いながら、現状確認をさせてくださいと訪問のアポを取りました。


今は「夏」。
気温も30℃を超える日が続いています。
すぐに対応する必要があります。


訪問した時に、何か確認できる事はないかなと思い、インターネットで検索していると、エアコントラブル相談室というホームページを見つけました。

様々なエアコントラブルに対する対処方法が書いてあり、今回のトラブル内容に該当しそうな状況の対処法が記載されていました。

 ↓
<以下「エアコントラブル相談室」より転記>
エアコンのスイッチを入れて室外機を観察してください。室外機のファンモーターが廻っても、コンプレッサーが廻り始めると瞬時に止まってしまう場合があります。この場合はコンプレッサーやコンプレッサーを制御しているICやプリント基板の異常が考えられます。この様な場合は一度コンセントを抜いて、3分後に再度コンセントを入れて確認してみましょう。それでも同じならメーカーに修理の依頼を行ってください。
<転記終わり>


なるほど、、、
早速入居者さんに連絡を取って、エアコンのコンセントを一旦抜いて、3分後に挿しなおして再起動をお願いしてみました。

すると、、、

直っちゃいました!

覚悟していた、約4万円のエアコン購入代が浮きました。(笑)

どのような方が作ったホームページなのかわからないのですが、エアコンに関する様々な情報が書いてあり、すばらしいホームページだと思います。

しかし、、、何事もまず調べる事が大事だなぁ〜と再認識致しました。



タグ:エアコン
posted by ゴン at 17:30 | Comment(4) | 4.大阪マンション1号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災報知器が発報

2008.07.20



今日は、朝からかなり蒸し暑い一日でした。

家でのんびりしていると、突然、大阪マンションの入居者から、「火災報知器」が発報していると連絡が入りました。
しかも入居3世帯から同時に連絡が入りました。

当たり前ではありますが、ベルが大音量でかなりうるさいらしいです。

モウシワケナイデス・・・

大阪マンションは4F建てで、1Fの入口エントランスに火災報知機の集中監視盤が設置されています。

集中監視盤の警報ランプは1F〜4Fの4つに分かれていますが、1Fの火災警報が出ている状況でした。

連絡を頂いた入居者にすぐ1F付近を見ていただきましたが、火災の雰囲気は全く無いとの事。

そこで誤作動の可能性が高いと思い、「報知器ベル停止」→「警報リセット・解除」の操作をして頂きましたが、また1Fの火災警報が発報して、再度ベルが鳴る状況でした。

これはほっておける状況ではありません。

とりあえす、火災報知器のブレーカーを落としてもらって、ベルが鳴らないようにして対応を考える事にしました。

しかし、素人の私が対応できる内容ではなさそうなので、近隣の消防設備点検業者をインターネットで調べて、連絡を取ってみました。

日曜日でお休みにも関わらず、状況を説明すると、すぐに現地を一緒に見ていただける事になりました。

本物件は、以前競売になっており、建物完成図書関係の書類が全くありません。

そこで、一緒に現場で1Fの検知器を目で追って確認すると、

・101号室の室内 1ヶ所
・102号室の室内 1ヶ所
・駐車場 2ヶ所
・階段下物入れ 1ヶ所
・エントランス 1ヶ所

の合計6ヶ所があり、そのうち駐車場の1ヶ所で警報が発報している事がわかりました。

当然、付近に火の気はありません。

検知器を分解してみると中から水が、ポタポタ・・・

どうもこの検知器内に水が入って、誤発報していたようです。

↓誤発報した煙検知器
CA3A00031.JPG


内部は水で濡れていました。
今日のところは、この検知器を外して、発報しないように応急対応いたしました。

後日、新しい検知器を取り付けていただく予定です。

お休みにも関わらず、対応していただいた消防設備業者には感謝です!

しかし、「消防設備点検」もちゃんとやらないといけないですね。
前の所有者さんは全く点検していないようなので、近々この業者にやってもらいようにお願いしました。



タグ:火災報知器
posted by ゴン at 21:40 | Comment(0) | 4.大阪マンション1号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災報知器の誤作動と点検

2008.08.02

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


先日、大阪マンションの火災報知器が誤作動してベルが鳴り、入居者さんに御迷惑をおかけしていました。

原因は、1F駐車場天井に設置している煙検知器の内に、雨水が入ったことによる誤作動が原因だったのですが、夜中に発報しなかったのが不幸中の幸いでした。

このマンション。平成8年築なのですが、一回も消防設備点検を実施していなかったようで、当然に消防署にもまったく届出をしていないことがわかりました。

そこで今日、点検業者に依頼して全ての消防設備点検を行っていただきました。
共用部と各戸内4箇所(キッチン・リビング・洗面所・押入)の検知器動作確認と、ベランダにある非常用昇降設備の点検を実施しました。

本日点検作業をすることを、事前に各戸へ通知していたのですが、全14戸中、在宅は9戸のみでした。

残り不在5戸へは、その場で私のほうからTELをして、設備点検の為の入室許可のお願いをして、4戸はOKをもらいましたが、1戸は拒否されてしまいました。

拒否の1戸は30歳ぐらいの女性看護師さんなのですが、やはり勝手に室内に入られるのは抵抗があるのでしょう。。。
後日、業者と都合の良い日時でアポを取って頂いて点検立会いをしていただくことにしました。

了承をもらった残り4戸は、私が所有するマスターキーで開錠し、当方立会いのもとで点検を行っていただきました。

しかし。。。
開錠する瞬間って、意味なく緊張しますね。
他人の私生活を覗き見するような気分になってしまいます。(笑)

一応、「余計なものは一切見ないように」って思いながら室内に入ったのですが、、、、

やっぱり勝手に目の中に入ってしまいます。(笑)

きれいに整理整頓されている部屋、ビンや缶が床に散乱していて足の踏み場がない部屋、線香の匂いが漂っている部屋、等々。。いろいろでした。

人間の性格っていろいろだなぁ〜と改めて再認識しました。

ちなみに、今回の点検費用は以下の通りでした。

消防設備点検一式:42000円
駐車場検知器2個交換(防水タイプに変更):10500円
消火器の消化剤詰め替え:4000円×4本

築11年にして初めて消防署へ点検結果報告書の提出。。。
きっと怒られるのかな??



posted by ゴン at 17:28 | Comment(2) | 4.大阪マンション1号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする