樹木の伐採を市に依頼

2012.02.21

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


先週決裁が終わった大阪マンション2号。
各設備業者様と改修工事の打ち合わせを行っています。

色々と改修箇所があるので、今年の賃貸需要期には大規模修繕終わりそうに無いです。
きっちりとリフォームして、ゴールデンウィーク明けぐらいから本格的な賃貸募集が出来るように進めていきたいと思います。



さて、物件購入時から気になっていたのが物件裏の道路法面にある樹木の数々
樹齢30〜40年程度の結構な大きさの木が数本植わっています。


888545254.jpg



前の所有者様に聞くと、すぐ枝が伸びて敷地内に越境してきたとか。
それだけなら良いのですが、毎秋になると落ち葉が敷地内に落ちてきて酷かったそうです。

道路法面の所有者様は道路を所管する市。
剪定依頼をすると、すぐ対応してくれていたそうですが、敷地内の落ち葉清掃は勘弁してくださいとの対応だったそうです。


樹木があることで建物裏も薄暗い状態。
そこで、市にこの樹木を伐採してほしいと依頼することにしました。

後日、現地で市の担当者様と打ち合わせ。
状況説明に納得頂き、前向きに対応頂くことで話しがまとまりました。

市はこういった業務を定期的な入札で施工業者様に発注しているそうですが、今年度の入札はもう終了したとか。
来年度に入ってすぐの4月の入札で施工業者に発注すると約束してくれました。


隣地が民間地だとお金が絡み、何かと交渉が難航しますが、市町村だと話しが早いです。
落ち葉が無くなって、まわりも明るくスッキリとしてほしいものです。



タグ:樹木伐採
posted by ゴン at 23:30 | Comment(0) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレベーターの2012年問題

2012.02.22

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


エレベーターの2012年問題
ご存知でしょうか?

先日、ともきちさんからコメントで書き込みを頂きました。


エレベーターの各製造メーカー。
製造中止からおおむね25年以上経過した機種について「保守部品の供給を停止する」と相次ぎ発表。
供給停止期限を2012年から設定したメーカーが多く、今年9月に期限を迎える機種があるとか。

供給が止まるのは、発電機やモーターなど基幹装置部品。
故障すれば中古の再生品でしか部品を調達できなくなる可能性が高いです。
最悪、エレベーターが使えなくなる可能性も。


大阪マンション2号のエレベーター。
製造メーカーのサイトを確認すると、2014年までの供給停止リストには入っていません。

製造中止から十数年なので当分は大丈夫ですが、いずれ数百万円かけての交換が必要になるでしょうね^^;
大きい物件は何かとコストが掛かります。


現在計画を進めている大規模修繕。
エレベーター関連の補修工事は軽微な内容で検討しています。

各フロアと、かご内にある操作盤の「数字&↑↓表示」が汚れて見えにくくなっているので、綺麗にリニューアルしようと計画しています。


DSC_0010-1.jpg


細かい部分ですが、毎日入居者様が手で触れる箇所なのでこだわりたいと思います。



posted by ゴン at 19:55 | Comment(2) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動ドア改造 共用部に音楽は効果ある?

2012.03.06

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


大阪マンション2号。
引渡決済から約3週間が経ちました。

相変わらず大規模修繕の見積を取得中。
まだまだ本格的な工事に入れそうにありません。


ただ、出入りするエントランスドアだけは先行して改造を行いました。
このマンションのエントランスドアは円形の自動ドア。
体を挟む危険性があったので、人感センサーを追加し安全性を高める工事を行いました。


DSC_0010.jpg


作業時間約3時間。
安全性が高まり、危険性が減った様に思います。



+++


ところで、このマンションの共用部に天井には埋込スピーカー複数個が取り付けられています。


DSC_0009.jpg


少々古いスピーカではありますが、まだまだ使えるようです。

常時、音楽を流すのはメリットがあるのでしょうか?
入居者様は、うるさい(うっとおしい)と思うのか、それとも喜ばれるのか。
まったく想像ができません。

流すならクラシックなんでしょうが。。。
どうなんでしょうね?^^



タグ:自動ドア
posted by ゴン at 22:41 | Comment(10) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする