テレビとインターネット

2012.03.13

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


まだまだ終わらない大阪マンション2号の大規模修繕見積もり。
今回は、インターネットとテレビのお話しです。

このマンションは、約1年間全空だったため地デジ対応未実施
現状のアンテナでテレビを見るには地デジ対応へのブースター交換(約20万円)が必要です。

さらに、ファミリー物件なのでインターネット設備も客付の強力な武器に。

そこで、
テレビの地デジ化とインターネット設備の両方を合わせて対策を検討しています。


関西の場合、
@j−com(ケーブルテレビ)
ANTT西日本
Beo光(関西電力)

三つ巴の激戦市場。

その他、独立系インターネットサービス会社がありますが、今回は諸事情で除外。
3社それぞれに建物調査を実施頂き、提案書提出をお願いしています。


現況調査を実施の様子


DSC_0008.jpg



現状のアンテナブースターを対策品に交換するなら、インターネットだけを考えれば良いので@は除外で価格面からBが有力。

TVを見るのにアンテナを使わないなら、いずれも可能性があります。
ただ、@は家主にイニシャルコストが必要、AとBは入居者様がインターネットを契約しないとテレビが見れないデメリットが。


長い目で見たら、テレビはアンテナブースターを改修して対応し(ランニングコストゼロ)、インターネットをどの会社にするかで考えるのが一番良いのかな。

建物の規模や契約数予測によっても提案が変わったり、
NTT西日本の場合は設備電気代を負担してもらえるメリットがあったりで複雑。

いろんな考え方があって難しいですね^^



posted by ゴン at 21:37 | Comment(4) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高圧受電設備

2012.03.23

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


大規模修繕見積もり中の大阪マンション2号。
本日は高圧受電設備のお話しです。

このマンションには、100kVA強の高圧受電設備が設置されています。

イメージ写真


854652545.jpg


単に「キュービクル」とも呼ばれます。
6600Vで受電した電気をキュービクル内で100Vと200Vに変圧して建物設備に供給しています。

キュービクルには毎月の法定点検が義務付けられていますが、デマンド契約によって月々の電気料金は安く抑えられます。



大阪マンション2号は全10戸。
通常なら高圧受電設備が必要な規模ではありません。

ところが、この建物はバブル時代真っ最中に設計。
機械式駐車場、エレベーター、給水ポンプ以外にも、
屋上には、屋上庭園があり、可動式屋根テントやポンプで人工の川まで作っていました。

室内もジェットバスやサウナまで設置。
1Fにカラオケ店が入っていたことで、かなりの設備容量になっていたのが理由のようです。


現在、毎月の点検費用を数社で比較検討していますが、だいぶ相場が下がっているようです。
横並びの場合には、緊急時の対応がどうか(緊急時は、○○分以内にかけつけると明記等)で依頼先を決定したいと思っています。



posted by ゴン at 23:20 | Comment(2) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給水ポンプ交換完了

2012.04.02

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


大阪マンション2号。
購入時から壊れていた給水ポンプの交換が完了しました。


DSC_0009.jpg



本体と工事・調整費込みで80万円也。。。
現在の供給方式は受水槽+加圧ポンプ方式。


5548457.gif



当初は、壊れているならと直圧給水方式への切替も検討しましたが、思いの他費用が掛かるようです。
特に、現状の供給管が25Aで小さく、より大きな50A配管にやりかえるだけでも結構な費用に。

今回は壊れていた給水ポンプの交換だけで対応する事にしました。
給水ポンプの三大メーカーと言えば、荏原製作所、川本製作所、テラル。

今回は比較的本体価格が安いテラル製にしました。
知名度は他2社より劣りますが、創業は大正7年。
近年、旧松下電器や旧松下電工からポンプ事業を譲渡されて現在に至る老舗会社です。

ただ、耐久性に多少難ありとのうわさも聞きますが、、、
この先、10年間は働いていただきたいです^^



タグ:給水ポンプ
posted by ゴン at 20:00 | Comment(10) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする