石畳の国道

2008.10.27

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


不動産を購入検討する時に、必ず確認する接道状況。
公道、私道、里道等、いろんな道路がありますよね。

公道の中でも「国道」といったら、それぞれに番号が振られ、「国道○○○号」とか呼ばれています。
一般的に、検討している土地が国道に接していたら、利用価値は高い事が多いですよね。

しかし、、、関西には、変わった国道が何箇所かあります。
その中でもたま〜に通るのが、「国道308号」

大阪と奈良を結ぶ国道であります。
実はこの国道、古い歴史があって、奈良時代に難波宮(現在の大阪城付近)〜平城京間(現在の奈良市三条通付近)を最短距離でほぼ一直線に結ぶ道として作られたようです。

また江戸時代には、大阪からの伊勢参りのルートとして庶民にもよく利用されたらしいです。
万葉集にもこの峠越えを詠ったものがあるし、古事記にもその記述があるほどです。
現在、日本の道100選にも数えられています。

国道308号は、大阪〜奈良間を生駒山越えして行くルートなのですが、山頂付近にある「暗(くらがり)峠」は、昔のままの宿場町の雰囲気です。
「暗峠」の名称の起源は、樹木が鬱蒼と覆い繁り、昼間も暗い山越えの道であったことに由来しているそうです。

この道は国道にもかかわらず、凄い特徴を持っています。

80002.jpg


写真は、国道308号の暗峠のあたりで撮ったのですが、国道なのに石畳敷きの道路なのです。

しかも、この国道の車幅制限は1.3m
いまや軽自動車でも車幅が1.5m近くあるのに、1.3m以下の自動車って今の世に中であるんでしょうか?
実際には、写真のように小型車も通っています。
私のビックホーンでも通ります(笑)
近隣に住まれている方は、通勤でこの道を使われているようなので、警察も半分黙認なのでしょうか。。。

P1010227+.jpg


この国道のもう一つ凄いところは、日本最大級の傾斜角度があって、最大の場所で約37度。
原付バイクでは絶対に登れません。
ここでこけたら、どこまでも転がります。(笑)

現代人にとっては、まさに「酷道」ですね。

しかしながら、奈良時代からの由緒ある道。
後世にもこのままの状態で、ぜひ残っていて欲しいものです。



posted by ゴン at 19:48 | Comment(10) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「雷」地名の由来

2008.11.23

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


朝、大阪マンションの入居者様へ12月分の請求書を各ポストに入れに行ってきました。

今日はいい天気。
真っ直ぐに帰らず、久しぶりにビックホーンでドライブに行ってきました。
特に行き先は決めず、ブラブラ。
気が付いたら、奈良県の飛鳥方面に来ていました。

飛鳥と言えば、
蘇我馬子(そがのうまこ)の墓として有名な石舞台古墳や、壁画で一躍有名になった高松塚古墳等、沢山の史跡が点在している地域です。

遥か昔に思いをはせながら、のんびりドライブしていると、たまたま信号で止まった交差点の地名に目が釘付けとなりました。

CA3A0159.JPG


「かみなり」って面白い地名だなぁ〜と思ったら、標識のローマ字をよく見ると、「いかずち」と読むようです。
近くには、雷丘(いかづちのおか)の案内看板も。
折角なので、車を停めて近くをブラブラ。

案内板を見ていると、万葉集にも出てくる場所のようです。


万葉集の歌
大君は 神にしませば 天雲の雷の上に いほりせるかも
(おほきみは かみにしませば あまくもの いかづちのうへに いほりせるかも)


【意味】大君は神でいらしゃるので、天雲の中にいる雷の上に仮の宮殿をお造りになっていらっしゃることだ。


古来より、「雷神」が降臨する聖なる丘として親しまれてきた場所のようです。
古代日本においては、雷は認知され人格を持たせて表現されていることが興味深いですよね。

現在のIT社会においても、雷は外敵ではなく、雷と共存していく術を考えていくのも良いかもしれない。。。なんてつまらない事を考えてしまいました^^

不動産の購入を検討する時に、地名の由来まで考えたりしないですが、こういった変った地名の歴史に触れたりすると、あらためて地名の由来って奥が深くて面白いなぁ〜と思いました。


さわやかに晴れた晩秋の一日。
遥か昔に思いをはせながら、のんびりとした時間でした。



タグ:
posted by ゴン at 19:58 | Comment(12) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タニマチ

2009.02.25

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


今日、少額短期保険募集人試験を受けてきました。
試験は、マークシート50問で1時間。
過去問と同じような内容で、難易度はそんなに高くなかったです。
合格基準は70点。
15問も間違えられると考えると気が楽でした。
まあ、人生に影響するような試験でもないですしネ・・・わーい(嬉しい顔)
昔受けた入学試験とは緊張感が全く違います(笑)


今日の試験会場は、橋下知事のいる大阪府庁関連ビルで行われました。
場所で言うと、大阪市中央区谷町の辺りになります。

ところで、「タニマチ」って言葉をご存知でしょうか?
タニマチとは、相撲界の隠語で、ひいきにしてくれる客、または後援してくれる人、無償スポンサーのことです。
現在では、相撲界以外に野球界、プロレス界などの他のスポーツ、また演歌界を中心に芸能界でも幅広く使われていますよね。

大阪の「谷町」がこの言葉の発祥なんですよひらめき
地名が言葉になるのって珍しいですよね。

ボクの不動産賃貸業で、金銭的「タニマチ」になってくれる人、現れないかなぁ〜わーい(嬉しい顔)



posted by ゴン at 19:20 | Comment(17) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊達市

2009.04.03

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!


昨日、2009年公示地価の事を所有物件に絡めて書きました。
不況の直撃を受けて、全国的に地価が下落しています。
そうした中で、国土交通省が発表した地価公示価格によると、このご時世にも関わらず16の上昇地点があったそうです。
そのうち4地点を占めたのが北海道伊達市だとか。

以下、新聞記事引用
****************************************
北海道伊達市は人口およそ3万7000人。
北海道の南西部で札幌市と函館市の中間にあり、内裏湾に面した海沿いの場所に位置する。
北海道でありながら雪が少なく、1、2月の平均気温はマイナス4度くらい。四季を通じて温暖な気候に恵まれ、「北の湘南」と呼ばれている。

ここは、もともと北海道内からの転入者が多い街としても知られていた。
温暖な気候が気に入り、北海道内で転勤が多かった人の中には、定年後には『伊達に住もう』と考えていた人が多いようだ。
中には、若いときから土地を買っている人もいたくらいでだとか。

伊達市の資料によると、年間1500人以上が転入している。
このうち、北海道外からの転入者はここ10年、250人程度。
転出者よりも転入者が多い状況が続いている。
中でも、ここ3年は世帯数が急増。
2005年の世帯数は6.5%、2006年は7.8%、2007年は2.1%とそれぞれ増加した。

北海道伊達市は全国的には無名のはず。
北海道内で知られていたのが口コミで広まったり、伊達市がメディアに取り上げられたりしたことが、人気の秘密のようだ。

メディアに取り上げられたのは、伊達市が取り組んでいる「伊達ウェルシーランド構想」だ。
高齢者が住みよい街にしようという取り組みだ。
たとえば、バリアフリーを施し、24時間対応緊急通報サービスがあるマンション2棟65戸を2005年、伊達市が「安心ハウス」として認定し、不動産業者が売り出した。
「安心ハウス」への問い合わせは昨年、400件近く相次いだという。
うち、100件ほどが北海道外から。
今後、移住者が増えれば、同様の施設を増やすことも考えている。

また、伊達市は建築条件付きの分譲宅地「田園せきない」への移住者仲介もしている。
現在、53区画中40区画は申し込み済みだ。
半数は北海道外からだったという。
仕事を退職した世代が、セカンドライフを過ごすために購入しているのだ。

さらに、ユニークなのは移住体験の募集。
5物件10部屋の家具付きの賃貸物件で、2週間〜1年ほど、短期間住むことができる。
2008年は60組近くが参加して、これを機に10組程度が移住を決めたそうだ。
2009年度募集を2月に行ったところ、6、7、8月は予約が埋まった。

伊達市内のある不動産業者は、
「多くの地方で人口減少が続く中、転入者が増え、世帯数も伸びているのは市の取り組みの結果ともいえるでしょう。うちの場合は、年間の不動産の販売数のうち、1割くらいが北海道以外からの移住者です。売り上げにもつながるので、助かります」

と話している。
***************************************


地方都市も、その特色を生かすことで蘇る可能性があることを示す好例なんでしょうねひらめき
ゴンも、お金のいらない自給自足の「ギャートルズタウン」でも造りましょうかネ?わーい(嬉しい顔)



posted by ゴン at 19:00 | Comment(8) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする