リノベーション物件見学

2017.04.13



リノベーション物件を見学しました。

説明より写真ですね。




どの部屋のトイレや水廻り、いずれも素敵!




20170413_161303.jpg 20170413_161827.jpg




20170413_164425.jpg 20170413_162719.jpg




20170413_161109.jpg 20170413_161101.jpg




20170413_163815.jpg




同じトイレでも、クロス1つでイメージが大きく変わりますね。


パクれそうな素材、盛りだくさんでした^^

見学の機会を頂き感謝です!




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 23:59 | Comment(0) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭用顔認識システム

2017.04.12



『IoT』

最近脚光を浴びていますね。


Internet of Things(モノのインターネット)の略。

自動車、家電など、様々なモノとインターネットが接続され、相互に情報をやり取りすることができます。



自動車や家電の遠隔操作が可能な社会もすぐそこですね。




自宅でも体験できるIoT関連商品が安く購入可能なのをご存知でしょうか。


たとえば、『顔認識システムつきホームカメラ』




net-ot-000007c-000.jpg




顔認識機能を搭載したスマートホームカメラ



自宅の玄関などに設置して、家族が帰宅した際にカメラに映った名前を直接スマートフォンに通知します。

動きを検知した際にカメラは自動で録画を開始するので、アプリケーションからその時の映像を再生することができます。

また、ライブストリーミングも視聴することも可能です。



もちろん、未登録の人物を検知した場合もスマートフォンに通知。

不審者の侵入を録画することができるので、防犯にも役立ちますね。




こんな優れものが、アマゾンなどで2万円台で売ってます。

安くないですか!?








家庭用のIoT。

急速に普及する予感がしますね。




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 22:28 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東西南北の名字が並ぶ街

2017.04.11




テレビでも取り上げられたことがある、石川県能美市の下開発町。


名字の不思議。
ご存知でしょうか?


北の「北」家、南の「南」家……!?
東西南北の名字をもつ家々が、方位そのままに並ぶ町

BEST TIMES 4/10(月)配信




BestTimes_5189_bb92_3.jpg

▲町の各家庭にある屋号地図(作図/ジェオ)(拡大可能)



金沢市の南西約20kmの田園地帯に、東西南北の名字をもつ家々がほぼ方位そのままに並ぶという、なんともフシギな町があった。

小雨に煙るその集落を訪ねると、意外な事実が分かった(『一個人』4月号取材時) 。



江戸時代から続く旧家が並ぶ、のどかな町の家名のフシギ


下開発町は62所帯。

集落には方位姓ではないひとも9軒ほどいるが、ほとんどの家は東西南北中の家々と縁戚関係があるとか。


町の北側に「北」さん、南部に「南」さん、東側に「東」さん、西方に「西」さん、中央には「中」さんが住んでいる石川県能美市の下開発町。テレビでも紹介され、全国的に知られるフシギな町は、東西300m南北100mほどのこぢんまりした集落だ。


表札は内玄関に掲げられているので、外から来た身には分かりにくいが、上の地図のように同姓の家が固まっている。


「開発は、鎌倉・室町時代から続く地名です。昔は、能美庄や開発庄という荘園があって、いまも加賀のコメどころです」と、郷土史に詳しい能美市議の北村周士さんは言う。

「明治8年(1875)に、『だれもが苗字(名字)を名乗らなければならない』という太政官布告が出されました。

でも、一般のひとには『苗字ってなんだ?』って感じだったでしょうね」。


で、困った挙句、庄屋さんに相談した。

寄合の結果、庄屋さんは杉の木のある家に住んでいたから「杉本」と名乗ることにした。

集落の北に住んでいるひとたちは「北」、南に家があれば「南」、集落の東にいたら「東」、西は「西」、真ん中の家々には「中」という名字がついた。


血縁関係は無視、単純に方位でつけた名字である。

だから、北家が続く。

東家も固まっている。

南家も集まっている。

同姓同名の住民も少なくない。

だから、下開発の郵便局員も迷う、どうしても配達違いが起こる。

むかしは、いきなり覚えのない請求書が舞い込んで、家がゴタついたこともある、と元町会長の東潤一さんは笑う。

(以下省略)





全国には不思議な町がありますね。
こういった歴史を知るのは楽しいです^^




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 21:30 | Comment(0) | 地名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする